新規就農者支援サイト【ほんものの食べものくらぶ】では、土の生物性的見地から有機農業、有機栽培、無農薬栽培のための「土作り」や「土壌分析」に関する情報をお届けしています。

トップページ | 有機農業の基本と技術 | 土づくりは有機農業の基本 〜土の生物性〜

有機農業の基本と技術

土づくりは有機農業の基本 〜土の生物性〜

大規模集約化が推し進められた近代農業では、単一作物の大規模栽培が主流となりました。毎年毎年同じ圃場で同じ作物を栽培し続けた結果、作物がうまく生育しなくなってきました。連作障害が発生し始めたのです。

連作障害とは、同じ作物を栽培し続けることで特定の微生物しか生息できない環境が作られたり、植物から分泌された化学物質が結果的にその植物が生育しづらい環境を作ったりすることで発生します。

連作障害で作物がうまく生育しなくなったことを説明したイメージした写真です。

有機物を還元してきた微生物層の豊かな土が、化学肥料や農薬に頼った農業を続けたことで腐植分を失い、貧弱な微生物層しかなくなった結果だともいえます。

その状態に対し、化学的な対処方法を考えたのが近代農業です。
微生物を絶滅させる土壌消毒剤で一時的に畑を無菌状態にし、作物を栽培することで連作障害を抑えることにしたのです。

確かに一時的には病害は減りましたが、農薬の散布回数が減らせたかというとそんなことにはなりませんでした。食べたり食べられたりの微生物の生態系が崩れた土では病害を抑えることはできません。

作物に悪い影響を与える微生物が繁殖し、それを食べるものや抑え込むものがいなければ、病気が蔓延することになります。土壌消毒はかえって土壌中の病害を増やすことにつながり、結果的に農薬の散布回数が増えることになります。

農薬をまいているイメージ写真です。

いまだにどのような働きをしているのかわからないことが多い微生物ですが、農業では非常に大切な存在なのです。

除草剤と土壌消毒剤が土をダメにした

たとえば、あなたの畑で病気が蔓延したとします。病気の原因は細菌、カビ、ウイルスなどですが、同じように作物を栽培していても、全く病気が出ない農家もいます。それは偶然でしょうか。

偶然ではありません。病気を発生させるのも、病気を発現させないのも、それらはすべて土の中にいる微生物の仕業だからです。

1gの中に1億いるといわれる微生物には、それぞれに拮抗関係にあるもの、捕食関係にあるものがいます。また制菌作用をもつ微生物もいます。微生物層が豊かであればあるほど、特定の菌が作用することが難しくなり、作物への悪い影響が少なくなります。

微生物を増やすためには、微生物資材を投入することが一番の近道です。さまざまな微生物資材が販売されていますが、その中でも放線菌・トリコデルマ・バチルス・麹菌などの微生物が含まれているもの、制菌作用のある乳酸菌がお勧めです。

乳酸菌は菌の活動を抑える能力に優れており、その他の菌体は病害の原因になる菌を食べる働きをしてくれます。

こうして微生物と腐植が増えてくると団粒構造が作られ、俗にいうふかふかの土になっていき、保水性や通気性が増してきます。団粒の間を空気や水が行き来し、植物は小さな根をいっぱいに広げることができます。

ふかふかの土、保水性や通気性が増して生育した作物のイメージした写真です。

作物が健全に育つための土壌条件が、微生物によって整っていき、微生物層が豊かになってくると、連作障害が起きなくなるといいます。豊かな微生物層が健全な作物を栽培することにつながるのです。

「有機農業に必要なもの〜観察力〜」へのリンクバナーです

このページの先頭へ戻る

トップページ

  • 【ほんものの食べものくらぶ】で伝えたいこと
  • 会員募集
  • 新規就農 体験談
  • ほんものの食べものをつくる人をご紹介【ほんものの食べもの日記 Part2】へのリンクバナー
  • 運営者情報
  • お問合せ・会員登録
  • お問合せ・会員登録(非SSL)
  • 【新鮮野菜.net】生産者と消費者を直接つなぐポータルサイト